ガセリ菌の赤ちゃんへの効果

赤ちゃんや小さいお子さんにもガセリ菌はおススメです

「ガセリ菌は体にいいって聞いたことがあるけど赤ちゃんや小さい子供でも大丈夫なの?」と質問されたことがあります。

 

結構同じ疑問を持っている方も多いと思うので、赤ちゃんや小さいお子さんにもガセリ菌は効果があるのか、注意することはあるのかということについて解説します。

 

子供とガセリ菌

 

 

もちろん、赤ちゃんや小さいお子さんにもガセリ菌はおススメです。

 

ただ、いくつか注意してほしいことや効果的な方法などもあるので参考にしてください。

 

タイミングごとにガセリ菌をどうあげるのか?

赤ちゃんや小さな子供と言っても、乳幼児から幼稚園児、小学生用までステージは色々だし口にするものも変わってきます。

 

乳幼児、離乳食、普通の食事をするようになってからで、どうやってガセリ菌や乳酸菌を上げるのかという点について解説しますね。

 

乳幼児はお母さんがガセリ菌と摂ることが大切!

乳幼児期の赤ちゃんの食事は主なものがおっぱいなどの水分ですのでうんちが固くなることはありません。

 

乳幼児

 

そして、生まれたての赤ちゃんは、腸内が常に綺麗に保たれているため、善玉菌しか存在していません。

 

そのため、便秘とは無縁な生活を送ることが出来ます。

 

だから、乳幼児の場合はおっぱいをあげるお母さんがガセリ菌などの乳酸菌をヨーグルトやサプリで摂取することがおススメです。

 

 

離乳食を食べるようになったらヨーグルト

離乳食を食べるようになると、固形の食べ物をたべるようになってくるため、初めて固いうんちがでてくるようになります。

 

離乳食

 

また、離乳食を食べるようになってきたころから、雑菌なども口にする機会が増えてきますので、腸内に善玉菌以外の菌が混入し、腸内環境のバランスが悪くなっていきます。

 

 

腸内環境が悪化することで、腸の働きが鈍くなり、結果として便秘を引き起こすようになってしまうこともあります。

 

赤ちゃんは食べるものを自分で選べないので、お母さんやお父さんがしっかりと赤ちゃんの腸内環境を守ってあげる必要がありますね。

 

 

そんな腸内環境を守るためにも、腸内の善玉菌が増えるのを助けてくれる乳酸菌が必要で、乳酸菌の中でもガセリ菌がオススメです。

 

大人がガセリ菌をとるならガセリ菌サプリメントがおすすめですが、赤ちゃんの場合はヨーグルトがいいですね。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌には悪玉菌が住みにくい環境を整えるだけではなく腸のぜん動運動を促す働きも持っています。
そのため、便器を改善したり便秘を予防するためにはとてもよい食べ物であるといえるでしょう。

 

 

その他にも、ヨーグルトには骨や筋肉を強くしたり、風邪やインフルエンザウイルスから守ったりと様々な効果があるので積極的にあげたい食べ物です。

 

 

ガセリ菌はもともと日本人の身体に住んでいた菌株なので、生きて腸まで届くことが出来て、腸内環境を良くする効果があります。

 

 

良いところがたくさんあるヨーグルトですが、赤ちゃんにあげる際には一日50g程度の量にするのをお忘れなく!

 

はじめは少量から与えて身体に湿疹ができないか、口の周りが赤くなったりしていないかを観察するようにしましょう。

 

 

また家族の中に乳酸菌によるアレルギーがある場合は特に注意してみる必要があります。
十分に注意してヨーグルトを与えるようにしてください。

 

赤ちゃんにヨーグルトを与える際は、少量から与えましょう

 

子供にヨーグルトを与える際は年齢や個人差にもよりますが、一時的にアレルギーがでたりうんちが柔らかくなったりするため注意が必要です。

 

大人が食べる量を一度にあげてしまうと体調を崩してしまうこともあるため、少量をあげて様子を見ることが大切です。

 

ヨーグルトの酸味を好まない子供もいるため、始めはなかなか食べないかもしれません。
そのため、バナナやかぼちゃやさつまいもといったものと一緒にあげるとよいですよ。

 

 

多感な子供の頃にガセリ菌を含むヨーグルトを与えておくと、インフルエンザや風邪、胃腸炎といった感染症や下痢や便秘やアレルギーといった慢性的な疾患から子供を守ることが出来ます。

 

また、子供もストレスを感じることがあるため、ガセリ菌によるストレス減少の効果が子供にも役に立つと思いますよ。

 

子供は親が気にかけていても色々な病気にかかりやすい身体をしてます。

 

子供のうちに色々な病気にかかり、多くの抗体を身体の中に作っていくため、乳酸菌をとってそのサポートをしてもらうのがいいですね。

 

 

また、乳酸菌によるアレルギーがなければ、花粉やアトピー性皮膚炎、ぜんそくといったアレルギーから守るためにも乳酸菌はとてもオススメです。

 

子供に余計な薬を飲ませたくないと感じている親は多いかと思いますが、ヨーグルトで腸内の環境を整えるとアレルギーの症状が軽減することもたくさんありますので、長期間にわたりヨーグルトを与えてみるとよいかもしれません。

 

3歳を過ぎたらサプリでも大丈夫!

小さいお子さんでも3歳を過ぎたらガセリ菌が入ってる乳酸菌サプリを飲んでも大丈夫でしょう。

 

ヨーグルトよりもサプリの方がガセリ菌をはじめ乳酸菌の量がかなり多く配合されてるので効率的に摂取するのにおススメです。

 

また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を受け付けない子もいるのでその場合もサプリが有効です。

 

ただ、子供用に作られてるわけじゃないので、ちょっとだけ注意してほしいことが。

 

過剰摂取に気を付けましょう!

ガセリ菌が入ってる子供用サプリはないので、一般のサプリを上げる必要がありますが、過剰摂取にならないように気を付けてあげてください。

 

乳酸菌自体は過剰摂取による副作用はありませんが、サプリの場合は乳酸菌以外にもカプセル用の原料などもあるので、大人の半分から1/3の量で試すのがおススメです。

 

また、添加物が原料に入ってないのもいいですよ。

 

 

 

 
トップ ガセリ菌の効果体験談 ガセリ菌サプリ ガセリ菌と子供