京漬物から発見されたラブレ菌の3つの魅力

ラブレ菌はすぐき漬から発見された日本人由来の乳酸菌!

ラブレ菌は植物性乳酸菌の一つで、1993年にルイ・パストゥール医学研究センターにつとめるインターフェロンの研究の第一人者の岸田綱太郎博士によって発見された比較的新しい乳酸菌です。

 

ちょっと豆知識ですが、岸田博士がラブレ菌を発見するきっかけとなったのは、当時京都の男性が全国2位の長寿という新聞記事からでした。

 

その記事から京都人が好む漬物をの中に健康を維持する何かがあるのでは?

 

ということから丹念な調査の結果、京漬物の「すぐき漬」というカブの一種の漬物から発見された乳酸菌です。

 

すぐき漬

 

ちなみにこの「すぐき漬」はアメリカでマジックピクルスという、健康志向が強い欧米の健康志向の人たちの間では「マジックピクルス」と言われ注目されてる食品でもあります。

 

 

そんなラブレ菌の3つの魅力についてご紹介!

健康志向の人が愛するラブレ菌の3つの魅力

生きたまま腸に届きやすい強い乳酸菌

植物性の乳酸菌は動物性の乳酸菌と比べて生命力が強い乳酸菌なんですが、その中でもラブレ菌はダントツの腸内生存率を誇る乳酸菌なんです。

 

つまり食べたら胃で死んでしまうことなく、腸にまで到達して腸の中でしばらく生き続けることが出来る乳酸菌ということで、この生命力はガセリ菌と似てますね。

 

この生命力の理由はラブレ菌が分泌するネバネバ成分だと言われてます。

 

 

便秘解消

ラブレ菌は腸内にあるビフィズス菌の勢力を強める働きがあり、結果として便秘解消効果が非常に高い乳酸菌として知られてます。

 

便秘患者さんにラブレ菌を摂取するグループ、摂取しないグループに分けて約1か月間検証したところ、ラブレ菌を摂取したグループが摂取しないグループに比較して約3倍の排便回数というデータもあります。

 

同時に腸内の善玉菌もラブレ菌を摂取したグループの方が多いという結果になってます。

 

 

このことからもラブレ菌は単独で摂取してもいいですが、ビフィズス菌やガセリ菌と併せて摂取すると非常に効果が高そうですね。

 

インターフェロンを生み出す力

ラブレ菌で最も熱い視線が送られてるのが免疫力アップの働きです。

 

生命力の強いラブレ菌が腸に届いた後、腸内の免疫器官に強く働きかけてインターフェロンを生み出すと言われてます。

 

 

ちなみに、インターフェロンというのはウィルスに対抗する物質でウィルスに感染した時に体内で生成されます。

 

肝炎などのウィルスの病気などの場合はインターフェロン治療で知られてますね。

 

ラブレ菌は腸内でインターフェロンを生み出す力を強くして免疫力を上げるということから、風邪、インフルエンザをはじめとするウィルスから体を守ってくれる力を持ってるんです。

 

 
トップ ガセリ菌の効果体験談 ガセリ菌サプリ ガセリ菌と子供